Skip to content

Debian 11 BullseyeにWineをインストールする vol.1

   

はじめに

Debian 11でWindows用のKindleクライアントを利用したいので、Windows互換レイヤのWineを導入する。Debianの公式aptリポジトリからインストール可能だが、今回はWineHQから最新のStableリリースを取得してインストールすることにした。

Wineのインストール

WineHQリポジトリの準備

WineHQ WikiのDebianの記述を作業の参考にした。

WineHQのパッケージはx86アーキテクチャ(i386)向けであるため、i386アーキテクチャを有効にします。

$ sudo dpkg --add-architecture i386

次に、リポジトリのキーを取得し、/etc/apt/source.listにWineHQのbullseye用のリポジトリを追加します。

$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
$ sudo apt-key add winehq.key
$ sudo apt install software-properties-common
$ sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/debian/ bullseye main'
$ sudo apt update

インストール

winehq-stableパッケージをインストールします。

$ sudo apt install --install-recommends winehq-stable

/opt/wine-stable 以下にインストールされます。

$ tree -L 2 /opt/wine-stable/
/opt/wine-stable/
├── bin
│   ├── function_grep.pl
│   ├── msidb
│   ├── msiexec
│   ├── notepad
│   ├── regedit
│   ├── regsvr32
│   ├── widl
│   ├── wine
│   ├── wine-preloader
│   ├── wine64
│   ├── wine64-preloader
│   ├── wineboot
│   ├── winebuild
│   ├── winecfg
│   ├── wineconsole
│   ├── winecpp -> winegcc
│   ├── winedbg
│   ├── winedump
│   ├── winefile
│   ├── wineg++ -> winegcc
│   ├── winegcc
│   ├── winemaker
│   ├── winemine
│   ├── winepath
│   ├── wineserver
│   ├── wmc
│   └── wrc
├── lib
│   ├── libwine.so.1 -> libwine.so.1.0
│   ├── libwine.so.1.0
│   └── wine
├── lib64
│   ├── libwine.so.1 -> libwine.so.1.0
│   ├── libwine.so.1.0
│   └── wine
└── share
    ├── applications
    ├── man
    └── wine

9 directories, 31 files

Wineのバージョン

2022年1月8日の次点でインストールされたbullseye用のwine-stableのバージョンは以下のとおり。

$ wine --version
wine-6.0.2

Wineを起動してみる

初期設定もかねて、winecfgを起動してみる。

$ winecfg &

最初にWine-Mono(図1)とGecko(図2)のインストールが求められる。

図1 Monoのインストール

図2 Geckoのインストール

図3 wincfg

おわりに

実運用するには、winetricksを導入した方がいいので、その辺りの整備は次回の記事で行う。

関連記事

  1. Debian 11 に関係する自分用メモ