Skip to content

GitHub

Amplifyを使って、Hugoで作成したWebページを公開する(3)

はじめに

前回の記事で、HugoプロジェクトをGitHubにアップロードしました。今回は、AWS Amplifyを使って、Hugoで作成したWebページを公開するところまで整理したいと思います。

第1回の記事でも書きましたが、従来はS3のWebホスティング機能とRoute53を利用していました。この手法ではWebページのHTTPS化に対応することが容易ではないため、Amplifyを使うことに決めました。

今回の作業では、Amazon Web Services(AWS)のアカウントが取得済みであることと、独自ドメインがAWSのRoute53の管理下に置かれていることを前提に進めます。

Read more

Amplifyを使って、Hugoで作成したWebページを公開する(2)

はじめに

前回の記事で、Hugoプロジェクトを作成し、Webページ動作確認まで行いました。今回は作成したHugoプロジェクトをGitHubにアップロードするところまでの作業内容を整理したいと思います。

GitHubは、GitHub,incが展開しているソフトウェア開発者向けのサービスで、バージョン管理ソフトのGitを使ったソースコードホスティング環境を提供しています。GitHubの詳細については、複数の書籍やインタネット上に多くの情報があるので、この記事では特に触れないことにします。

今回の作業では、GitHubのアカウントが取得済みであることを前提に進めますので、未取得の方は、ぜひGitHubアカウントを取得してください。

Read more

Amplifyを使って、Hugoで作成したWebページを公開する(1)

はじめに

数年前のことですが、このBlogを始める前にも少しの間だけBlogを公開していました(筆不精な性格のためほとんど更新してませんでした)。

以前のBlogは、StaticPressプラグインを導入したWordPressで静的ファイルを生成し、AWS S31にアップロードして、AWS S3のWebホスティング機能とAWS Route532のCNAMEを使って公開をしていました。

今回Blogを一から作るに当たって、コンテンツの作成はStatic Site GeneratorのHugoを利用し、公開にはAWS Amplify(以下、Amplifyとする)を利用することに決めました。

この記事では、一連の作業内容を自分用の備忘録も兼ねて整理したいと思います。

Read more